2011年11月

ここでは、2011年11月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ

ベットの寝起きも痛くは無いのですが、やはり警戒しながら、
痛くないのを確認しながら、慎重に、恐々動かしています~

 まだ骨は固まっていない~ので。

 どれくらいかかるのでしょうか〜

 3ヶ月 ほぼ完全にもとにもどるのは半年、、というところ~ 

 重いもの持つとか、激しい運動するとか、、無理な姿勢とか、、、は

 避けたほうがいいです。

 腰椎圧迫骨折になる原因はいろいろ

 植木職人が脚立から落ちたり、工事中の足場から作業者が落ちたり、
 スポーツのアクシデントで、腰椎が激しいショックで圧迫骨折、、、
 良くある骨折である。

 年配者は骨粗鬆症で、ちょっと転んだだけで簡単に腰椎圧迫骨折するそうである。


 一般には、激しい痛みのために全く動けなくて、即入院、

 ギブス、2~3ヶ月の入院、リハビリ、退院、、、6ヶ月以上、、、
 この間、以後も、神経を圧迫してヘルニアに似た症状がでる人もあり、、、、

 また、動かせないために、筋肉が萎縮、収縮、硬化して痛みがでてくるため、
 運動して筋肉をほぐすリハビリも必要という、、、

 
スポンサーサイト
9月4日 腰を骨折(第1第3腰椎圧迫骨折)して入院。

自転車でこけちゃったぁ!!
自転車なんかでこんな大怪我する?

こんなはずじゃなかったのに。

我慢強いほうだけどあの痛みは経験してみないとわからない。

まったく動けず、立つことすら出来ない。
落ちたまま1度も座ることも立つこともなく寝たきり状態。
トイレも行けず。でも行かなきゃ。

コルセットの採寸、コルセット装着してからでないと動いてはダメ・・
ちょこっと動いていたら看護師さんからおしかりを受けた。

入院だなんて。
戸惑う間もなかったけど旦那の力を借りてなんとかね。
本当にもつべきものは何とか・・・旦那さまさま。

人は支え合って生きているんだ、実感!

病院で働く人がいっぱい 、皆さんテキパキと。
分業になってて完璧にシステム化されてる。
病院に縁がなかったから、そういう意味ではおもしろい。
そしてこの病院のみなさん心ある応対でさすがプロ。

気は元気なので気分は暇だよ。
早くよくなりたい。

仕事にも早く戻りたい。
こんにちわ
やっと病院生活から開放〜
そんな事でブログは放置〜

9月4日にさかのぼります。
今までパソコンも出来ない状態でした。ので・・・

自転車で買い物途中に転倒しました。

 よく覚えていません・・とにかく何かに乗り上げて、石に乗り上げて・・・か?

 一瞬の出来事!!!!!
 
お尻からコンクリートの地面に落ちてしまい、腰と背中を強打したような。
腰のまわりからボコッとすごい音がした。
この時すでに普通の転倒でないと気づいた。

激しい痛みが腰、背中を襲った。
言葉が出ない。

しばらく道路に寝転んでいました。
起きることができない。

通りがかりの見知らぬ方が声をかけてきた。
起こしてくれた。

”救急車を呼びましょうか・・・”
私は〜救急車はどこへ連れていかれるかわからない
  〜遠くの病院運ばれたらヤバイ

 なのでタクシーを呼んでもらいました。

 当日は腰の激痛
 立つことも出来ない。
 トイレは這って。
 食事どころではありません。
 のどに通りません。のどはカラカラに。
 熱もあった。

翌日近くの総合病院のへ行く。

 腰周りのレントゲン 
 触診 (両足の感覚に麻痺や差異がないか、力が入れられるか。また、立てるか)
 MRI での検査

<診断の結果>
  次の2点について説明を受ける。

 1 レントゲンの結果から〜第1及び第3腰椎が圧迫骨折している。
 2 レントゲンと触診から〜脊髄に損傷はない。

<治療計画>

 入院しての絶対安静。手術の必要はなし。

入院生活のはじまりです
皆さんも自転車には気を付けてね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。